ヨーロッパ研修ーフランス編

ゴールデンウイークを利用して、ヨーロッパに視察・研修に行ってきました。
去年の春のイタリア、秋のベルギーに続いて3回目です。

今回はスペイン漆喰レビスタンプの総代理店、ボンスマイネさんと一緒に取引のある会社をたずねました。
はじめはフランス・パリにあるサマン社(SEMIN)に向かいます。

まずはセントレアからフィンエアーでヘルシンキ経由パリまで。

フィンエアー

1食目か2食目か忘れたけど機内食です。

フィンエアー 名古屋発ヘルシンキ行き機内食

ヘルシンキ空港のパスポートコントロールが混んでいましたが、乗り換えのパリ行きの便が遅れたのでさほど慌てずに済みました。

パリには夜に到着。

夜のオペラ座

ホテルはオペラ座の近くです。

到着した日も雨でしたが、翌朝も雨でした。

Hotel London Paris

ホテルロンドンパリの窓からの眺め。
ラーメン屋ひぐまの真向かいです。
朝食のクロワッサンがおいしかった。

タクシーでパリ郊外のサマン社に向かいました。

サマン社

パテ材やモルタルなどを作っている会社で、創業180年以上の歴史ある会社です。
この日ははじめ雨でしたが、途中から雪まじりの雨になりました。
会社のかたによると前の週は30℃ほどになりバーベキューをしたのにクレイジーだと言ってました。
世界的に天気が不安定ですね。

工場を見学(写真はNGでした)したあと、施工のデモンストレーションを見学。

サマン社の材料

たくさんある材料の一部を触らせてもらいました。
石膏ボードがベベルボードではなくテーパーボードが主流のようで、簡単にフラットに仕上がります。
ボードだけでなく、レンガや石積み下地をきれいに仕上げるものもありました。
さすがフランスですね。
レビスタンプのパテでも使ってるCE78や薄塗でフラットにできるオスカー、吹付できる内装工事仕上げ材などのデモンストレーションを体験しました。
日本のものとはいろいろ違います。
道具もいろいろ違います。

パターン壁紙

パターンのついた壁紙。
これを石膏ボードなどに張り、塗装して仕上げます。
簡単に色変えできますし、汚れても上から色を塗り重ねることができます。
パターンも15種類ほどあります。

この後、昼食を会社のかたとご一緒して夕方の便でスペイン・バルセロナに向かいました。
パリ滞在は20時間にもみたない短い時間でしたが、勉強になりましたし食事も楽しめました。

次はスペイン編です。

鎌倉でモールテックスのキッチン施工

鎌倉にてモールテックスのキッチンを施工しました。

だいぶ以前から頼まれていましたて、お客様も楽しみにしていらしたようです。

キッチン2つとベンチとポーチ。

まずはキッチン。

モールテックス キッチン

BM58にて仕上げました。
手前の建具のあるキッチンはビピュール、奥のコンロのあるキッチンはオイルOHにて仕上げてあります。

キッチン 鎌倉 モールテックス

シンク側は水濡れに強いビピュールで、コンロ側は油じみによる汚れを考慮してオイルOH仕上げとしました。
詳しくはモールテックス保護剤をご覧ください。

階段兼ベンチは保護剤に強度のあるポリタンを使用してあります。

モールテックスの階段兼ベンチ

また外部のウッドデッキにエントリーするポーチもモールテックスで仕上げました。
こちらはレペルオイルにて仕上げてあります。

モールテックスの保護剤はいくつか種類があり、使用場所や用途によって選ぶ必要があります。
そうすることにより、モールテックスの美しさを長期間保つことができます。