モールテックスの基礎・プロ講習会決定

モールテックスの講習会の日程が決定しましたのでお知らせします。
会場はいずれも静岡県静岡市下川原の村松建材です。

モールテックス基礎講習会
2018年6月30日 午前9時~午後4時ころまで
講習費 15000円/1名(昼食費・材料費・コテおよびヘラ代含む)
定員15名  設計関係の方などの見学も可
午前は商品説明・デモンストレーション、午後は実技で参加者にモールテックスを塗ってもらいます。

モールテックスプロ講習・水場作り
2018年7月13日 午前9時より午後4時ころまで
参加費 ¥28000/1名 (材料費・昼食代含む)
定員10名
4㎡程度のブースをシャワールームにみたて、モールテックスの機能を100%引き出す塗り方、防水シートの伏せこみ、アセッコ塗り、リペアコンクリートの紹介などを行います。

モールテックスプロ講習・意匠
2018年7月14日 午前9時より午後4時ころまで
参加費 ¥22000/1名 (材料費・昼食代含む)
定員12名
デザインに特化した講習会でモールテックスを使い木目調、錆調、石目調、鉄平石調、青銅緑青風の5種類を作り方を学びます。

お問合せ・お申し込みは有限会社村松建材までお願いします。

モールテックスプロ講習・水場

ヨーロッパ研修ースペインバルセロナ編

パリの研修に続いてスペインへ移動しました。
当初の予定では、すぐにバルセロナからトルトサへ移動して研修を受ける予定でしたが、5月1日はメーデーで会社がお休み。
1日バルセロナを観光できることになりました。

ついた日の夜にすぐにサグラダファミリアを見に行きました。
ホテルがすぐ近くでよかったー。

サグラダファミリア夜景

夜景もきれいです。

翌朝、雨が降っていましたがサグラダファミリアへ見学に。

生誕のファサード

雨でファサードに上れなかったのが残念です。

内部もすごい!
どこかエヴァンゲリオンの精神世界を感じさせるような室内。

サグラダファミリア内部

ステンドグラスも素晴らしい。

サグラダファミリアのステンドグラス

工房や作成の過程なども地下で再現されていました。

ステンドグラス作成の様子

昨年見たミラノのドゥオーモのようなクラシカルな教会とは違いますが、それでも教会を感じさせます。
でもできた時はずいぶんぶっ飛んだデザインだったんだろうな、と。
それでも見たこともないものを形にし続けてきた職人がすごい!

だいぶ工事も進んで、新しいところと古いところが至る所に混在しています。

サグラダファミリア 新旧ファサード

地下のガウディのお墓にお参りもして、見学を終えると雨も上がっていました。

そのあとは歩いて移動でカサミラへ。
時間の都合と混雑で内部を見学はしませんでしたが、内部のカフェで一休み。
ここも内部がすごい。

カサミラ内部

力強い石の柱と有機的な漆喰の天井。
カサミラ外壁の石積み。

カサミラの目地 NHL

石と石の間の目地はNHL(天然水硬性石灰)です。
サグラダファミリアの石の目地もNHLだそうです。
日本ではマイナーですが、ヨーロッパでは最近見直されてきて文化財の修復に積極的に利用されているようです。

そのあとカサバトリョも外側だけを見てグエル邸へ。
ここは空いていてすぐに見れました。
天才ガウディを支えたパトロンのグエル。
ガウディの様々な配慮が詰まった住まいで小さいながらも見どころ多数です。

グエル邸

グエル邸の外部。

建物中央のホール

内部のホールの楽隊が演奏するところ。

屋上の明り取り

屋上の明り取りのデザインされています。

というわけで明るいうちにざっと一回りしてきました。
暗くなると治安が悪くなるらしいので。
スペインでは食事の時間が日本と少しずれていて、レストランでも決まった時間にならないと食事ができませんでした。
サグラダファミリア周辺の観光客向けのレストランならオッケーです。
助かります。
1日じゃとても見切れないガウディの建築とバルセロナ。

翌日は朝からスペイン漆喰レビスタンプの製造元のパビスタンプ社へ向けて移動しました。
次回スペイン・パビスタンプ編につづきます。