オリジナルのビールストーン

人気の研ぎ出し仕上げのビールストーン。

様々な石材とバインダー(基材)に着色することで、無限ともいえるバリエーションを楽しむことができます。

貝殻入りビールストーン

写真は貝殻入りのビールストーン。

地元でとれたアワビの貝殻を砕いて入れて研ぎ出しました。

貝殻が虹色に輝いてとてもきれいです。

このほかにもガラスを入れたり、酒瓶を砕いて入れたり、オリジナルのビールストーン仕上げを作り出すことができます。

新時代のテラゾー、ビールストーンを楽しんでみませんか?

新時代の研ぎ出し・ビールストーン

モールテックスのメーカーBEAL(ビール)社の製品、ビールストーンのサンプルを作成しました。
モールテックスの姉妹品のような位置付けの製品です。
ビールストーンは研ぎ出しという技法の左官仕上げ材です。
セメントなどの結合剤と自然石などの種石を混ぜてコテで塗り付けて硬化・乾燥させて、サンダーなどで表面を研磨して仕上げる方法です。
研磨面からは石の断面が見えて、混ぜる石の大きさや形、色合いで様々なバリエーションを作り出せます。
かつては学校の校庭の水飲み場や公園の滑り台などによく使用されていましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。

今までの研ぎ出し・テラゾーと違うところは薄さ3mmから仕上げることができます。
骨材が大きいサイズを選べば厚く塗ることも可能。
石のほかに貝殻やガラスなどを混ぜて仕上げることも可能です。

ビールストーン

黄色と黒の2パターンのサンプルを作成しました。
どちらも鏡のリサイクルチップが入っていて見る角度が変わるとキラッと光ります。

Bealstone Yellow

Bealstone BlackMirror Colorchart

ダイヤモンドパッドで磨くことで今までにない光沢面を作り出せます。
モールテックスのように様々なものに施工することができますので床やカウンター、テーブルなどの什器も作成できます。
骨材やカラーの組み合わせは無限といっていいほどです。

今までにないものを作り出せます。