HACCP認証の左官材 オルトレマテリア

イタリアの革新的な左官材、オルトレマテリア。
地球環境考えた材料で、リサイクル素材を使ったり、廃棄時の環境負荷を考えて製品が開発されています。

また左官材では唯一のHACCP(ハサップ)認証の材料でもあります。
HACCPはNASAがガイドラインを作った食品の安全管理に関する基準です。
アメリカやヨーロッパでは普及が進んでいますが、日本ではまだ一部の企業などで導入されている程度です。
これから日本でも食品を扱うところでは必要になってくると思います。

オルトレマテリアはHACCP基準をクリアしているので、食品を扱うところでも安心して使うことができます。

厨房の床や壁、天井、飲食店のカウンターやテーブルなどの什器でも様々なところにお使いいただけます。
豊富なカラーと様々な仕上げパターンで無数の組み合わせを楽しめます。

もちろんご家庭のキッチンでもお使いいただけます。

オルトレマテリア オーダーキッチン

キッチン天板 

汚れにも強く耐油性や耐摩耗性も高いです。
色も様々に選べます。

研ぎ出し キッチン天板 オルトレマテリア

また骨材を入れて研ぎ出し仕上げも可能です。
メーカーでは環境の負担を減らすためにリサイクル骨材を用意しています。
廃棄されたワイン瓶、鏡、電球などを砕いて粒をそろえてオルトレマテリア専用の骨材として販売しています。

ビールストーンのテーブル作成

ビールストーンのテーブルを作りました。
天板は2色にて塗り分け。

硬化後に研磨するので継ぎ手もなくフラットです。

ビールストーンのテーブル天板

白は貝殻入り、茶は大理石とミラーを砕いた骨材が入っています。

ビールストーン 2色塗り分け

タイルのキッチンをモールテックス仕上げに

タイルでできたキッチン天板をモールテックスでリフォームしました。

タイル目地から水がしみて傷んでしまった天板を補修。

モールテックスで仕上げました。

タイル天板

タイルと木材の混在下地です。

モールテックスで塗ることにより下地の段差も気にならない、一体の天板になります。

モールテックス天板

お施主様は色ムラ感多めが希望でしたので、そのように仕上げました。

キッチン天板

昨年、ベルギー研修で見た、モールテックスを塗ってあるレストランのテーブルのイメージに近づきました。

ベルギー、ナミュールのレストランのモールテックス

このレストランのモールテックスのテーブルは施工して20年が経っています。

大きな欠けやキズもなく、とてもきれいなじょうたいでした。

モールテックスは施工後のメンテナンスで、経年変化の具合が変わってきます。

正しい施工とメンテナンスで長い間使用できる素材です。