オリジナルのビールストーン

人気の研ぎ出し仕上げのビールストーン。

様々な石材とバインダー(基材)に着色することで、無限ともいえるバリエーションを楽しむことができます。

貝殻入りビールストーン

写真は貝殻入りのビールストーン。

地元でとれたアワビの貝殻を砕いて入れて研ぎ出しました。

貝殻が虹色に輝いてとてもきれいです。

このほかにもガラスを入れたり、酒瓶を砕いて入れたり、オリジナルのビールストーン仕上げを作り出すことができます。

新時代のテラゾー、ビールストーンを楽しんでみませんか?

モールテックス・ビールストーン講習会のお知らせ

4月に静岡の村松建材にてモールテックスとビールストーンの基礎講習会が開催されます。

モールテックス基礎講習会

2019年4月12日 9:00~16:00

静岡県静岡市駿河区下川原1丁目7-10

村松建材セミナールームにて

参加費¥26000ー

ビールストーン基礎講習会

2019年4月13日 9:00~16:00

静岡県静岡市駿河区下川原1丁目7-10

村松建材セミナールームにて

参加費 ¥26000-

いずれもお申し込みお問い合わせは有限会社村松建材までお願いします。

定員各12名となっています。

講習会・座学
ビールストーン講習会

新しいモールテックスの講習会

12月10日にモールテックスの基礎講習会が開催されました。

今回より大幅に内容がアップデートされて、参加者の方がたくさんモールテックスを塗るようになりました。

レジデュールだけでなくレジパクトGも塗ったり、テクニカルレイヤーの上にもう一層塗ったりします。

フレスコ塗りもNだけでなくF2も触ります。

モールテックスのテクニカルレイヤーを塗り付けている様子。
テクニカルレイヤー塗り付け

また汚れ防止剤も計6種類をデモンストレーションだけでなく全員で塗っていきます。それぞれの汚れ防止剤の特性をよく知ってもらうためです。

モールテックスの塗り板の研磨の様子。
塗り板の研磨

また翌日にはビールストーンの講習会も行われました。

ビールストーンの塗り板の研磨の様子。
ビールストーン講習会

ビールストーンも少し施工方法が変更になっています。特に始めの計量・配合のところとパスティングのところが変わりました。

また今後講習会が開催されると思うので、興味のある方、施工方法を学びたい方は参加して学んでいただきたいと思います。

モールテックスの基礎講習会、開催しました

モールテックスの基礎講習会を開催しました。
11月24日に栃木県宇都宮市で開催しました。
12月が近づくあわただしい中、大勢の方に参加いただきました。

モールテックスの講習会

現在のスタイルでは最後の講習会となります。

12月よりモールテックス基礎講習会の内容が大幅にパワーアップします。
12月10日、モールテックス基礎講習会
12月11日、ビールストーン講習会
いずれも静岡市の村松建材です。
皆様のご参加をお待ちしています。

ビールストーンの講習会、開催決定!

ビールストーン講習会が開催されることが決定しました。

ツルツルの鏡面仕上げが可能なビールストーン。
仕上がり厚み3ミリから可能な新時代のテラゾです。
骨材も天然石だけでなくガラスなども入れることができます。

日時と場所
2018年12月11日火曜日 09:00~16:00
村松建材セミナールーム
〒421-0113 静岡県静岡市駿河区下川原1丁目7-10
参加費 15000円/1名 (昼食代込み)
先着15名となっています。

ビールストーンのテーブル天板

お申し込み、お問い合わせは有限会社村松建材までお願いします。

ビールストーンのテーブル作成

ビールストーンのテーブルを作りました。
天板は2色にて塗り分け。

硬化後に研磨するので継ぎ手もなくフラットです。

ビールストーンのテーブル天板

白は貝殻入り、茶は大理石とミラーを砕いた骨材が入っています。

ビールストーン 2色塗り分け

建築・建材展に参加しました

東京ビッグサイトで行われた建築・建材展2018に参加しました。
モールテックスの製造販売元、BEAL INTERNATIONAL S.A.のブースにオブジェを出品しました。

建築・建材展

最終日の様子ですが、かなりの賑わいです。
初めてモールテックスを知ったかたから、何度か使ったことのある方まで大勢の方がお見えになりました。
最終日の午後は私も少しだけブースのお手伝い。
基本的な説明からテクニカルな話までできました。
建築建材展

オブジェ

写真右側のオブジェ。
LED電球で光るようになっています。
上半分は青銅風スペシャルエフェクトのモールテックス。
下半分はブルーのビールストーンです。
青銅風モールテックス

青いビールストーン

青い天然石は高価ですがビールストーンなら様々な大きさで作りだせます。

今回はモールテックスの認知度がかなり上がり、あらたにビールストーンが注目を集めていたと感じました。
ビールストーンもカラーと骨材の組み合わせで様々なものを作り出せます。

今年も注目の建材です。
モールテックスとビールストーンのことはお気軽にご相談ください。

建築・建材展2018

建築・建材展が2018年3月6~9日に東京ビッグサイトで開催されます。

モールテックスのメーカーであるBEAL INTERNATIONAL社も出展いたします。

今回も様々なモールテックス、ビールストーンの製品が展示されますが、その中に私どもで作成したモノが1点展示されます。

建築・建材展にお出かけになる方はぜひBEALのブースにお立ち寄りください。

洗面カウンター

ビールストーンの新作

ビールストーンのメーカー「BEAL社」はベルギーにあります。

ベルギー本社にはショールームが併設されていて、そちらに新作のビールストーンのサンプルが展示されていたとのことで、エージェントの方が写真を送ってくれました。

最低で3mmほどの薄塗で仕上げることができるので、天然石の板と比べて軽量です。また天然石のように継ぎ手が発生せず、カウンターなどシームレスに作成できます。

一部をご紹介します。

ビールストーンのサンプル1

ビールストーンのサンプル2

ビールストーンのサンプル3

ビールストーンのサンプル4

ビールストーンは専用の粉体と液状樹脂を混ぜ合わせたものに種石を混ぜ、硬化後ダイヤモンドカップとダイヤモンドパッドを使って研磨します。

磨き仕上げの大理石のような表面になります。

基材に混ぜるカラーと石の組み合わせは自由でバリエーションはほぼ無限といっていいほどです。

 

新時代の研ぎ出し・ビールストーン

モールテックスのメーカーBEAL(ビール)社の製品、ビールストーンのサンプルを作成しました。
モールテックスの姉妹品のような位置付けの製品です。
ビールストーンは研ぎ出しという技法の左官仕上げ材です。
セメントなどの結合剤と自然石などの種石を混ぜてコテで塗り付けて硬化・乾燥させて、サンダーなどで表面を研磨して仕上げる方法です。
研磨面からは石の断面が見えて、混ぜる石の大きさや形、色合いで様々なバリエーションを作り出せます。
かつては学校の校庭の水飲み場や公園の滑り台などによく使用されていましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。

今までの研ぎ出し・テラゾーと違うところは薄さ3mmから仕上げることができます。
骨材が大きいサイズを選べば厚く塗ることも可能。
石のほかに貝殻やガラスなどを混ぜて仕上げることも可能です。

ビールストーン

黄色と黒の2パターンのサンプルを作成しました。
どちらも鏡のリサイクルチップが入っていて見る角度が変わるとキラッと光ります。

Bealstone Yellow

Bealstone BlackMirror Colorchart

ダイヤモンドパッドで磨くことで今までにない光沢面を作り出せます。
モールテックスのように様々なものに施工することができますので床やカウンター、テーブルなどの什器も作成できます。
骨材やカラーの組み合わせは無限といっていいほどです。

今までにないものを作り出せます。